買い誠実 DGBS038BK 2STYLEカメラバックパック(ハイグレード・Mサイズ) DGB-S038BK \新SPUいつでもポイント最大15倍!!/[ELECOM(エレコム)]-一眼レフ用カメラケース

夏休みがスタートしました!海や山でのレジャーのときには、バーベキューが楽しみですね。おしゃれに盛りつけるコツもご紹介します。

買い誠実 DGBS038BK 2STYLEカメラバックパック(ハイグレード・Mサイズ) DGB-S038BK \新SPUいつでもポイント最大15倍!!/[ELECOM(エレコム)]-一眼レフ用カメラケース








■メーカー:エレコム
■両側面からすぐに取り出し可能な収納口を配置。1ランク上の機能を搭載したハイグレードモデル(Mサイズ)。 付属のカメラインナーボックスを取り外すことで、通常のバッグとして普段使いできる2STYLEカメラバックパック“off toco”
[特徴]
■1ランク上の機能を搭載したハイグレードモデルのバックパック“off toco”です。
■お出かけに最適なコンパクトなMサイズです。
■カメラを使用しない時は、インナーボックスを取り外すことで通常のバックパックとして使用可能です。
■バッグ内部のファスナー仕切りを外すことで、二気室バッグから一気室バッグへ切替えられる二気室貫通構造です。
■両側面からカメラ・レンズをすぐに取り出せるカメラ専用収納口がついています。バッグをおろさずに素早くカメラ・レンズを取り出し可能です。
■カメラ専用収納口には、すぐに取り出し可能なハンドル式のダブルファスナー開閉構造を採用しています。ファスナーをしめる留め口にはマグネットを採用しています。
■保管・持ち運びにも最適なファスナー開閉のハンドル付きカメラインナーボックスが付属しています。
■カメラインナーボックスにはカメラ、レンズの大きさに合わせて調整可能な仕切り板がついています。
■前面に三脚を固定できる三脚ベルトがついています。
■底面部にレインカバーが収納されています。バッグに覆い被せることで、突然の雨から機材を保護できます。
■背面に14インチまでのパソコンを独立して収納可能です。
■背面にカバンをおろさず小物をすぐに収納できるファスナーポケットが2箇所ついています。
■前面に小物が収納可能なファスナーポケットが2箇所ついています。
■前面ポケット内部にファスナーの開閉を防ぐ盗難防止フックがついています。
■上部に小物を収納できるスペースを配置しています。
■上部内部に小物を仕分けて収納可能なメッシュポケット・ファスナーポケットと、鍵をとめられるキーフックがついています。
■ショルダーベルト部分にレンズカバー、SDカードなどの小物をすぐに収納できる着脱式ポーチがついています。
■ショルダーベルト部分にバッグの背負う位置を上げることができるロードリフトストラップを装備しています。より体にフィットし、荷重が分散され疲労感を軽減します。
■ショルダーベルト部分に背負った際の重さを分散させられるチェストベルトがついています。
■背面部にEVA製のクッション材を使用しています。背負った際の負担を軽減します。
■背面にキャリーバーへ固定できるキャリーベルトを配置しています。
■底面部の素材には耐久性の高いハイパロンゴムを採用しています。
■リング形状のファスナー金具を採用し、盗難防止に南京錠などをかけることができます。
■表面生地全体に撥水加工を施しています。※内部への水の浸入を完全に防ぐものではありません。
■手持ちの際に安定して持てるダブルハンドルを採用しています。
■内装色には収納物が見やすい明るい色を採用しています。
≪商品の概要≫
■外寸:幅280mm×奥行165mm×高さ400mm ※ハンドル・ショルダーベルト部含まず
■参考収容寸法:バッグ本体内寸(BOX取り外し時):幅270mm×奥行85mm×高さ390mm、カメラ収納部内寸(BOX装着時):幅230mm×奥行105mm×高さ145mm、PC収納部内寸:幅255mm×奥行30mm×高さ370mm、上部収納部内寸:幅270mm×奥行85mm×高さ210mm
■ポケット数:上部収納スペース(内側:メッシュポケット×5、ファスナーポケット×2)、カメラ収納スペース×1、前面ポケット×2、背面ポケット×2、底面ポケット×1、背面PC収納スペース×1(内側:書類ポケット×1)、付属ポーチ部ポケット×2
■カラー:ブラック
■材質:表面:ポリエステル(撥水)/底面:ハイパロンゴム(撥水)/裏面:ポリエステル
■重量:約1,485g(BOX取り外し時:約1,245g)
■付属品:カメラインナーBOX×1、仕切板×5、付属ポーチ×1、レインカバー×1、

[室内花撮影のコツ] ピントは花の花芯に合わせよう

素敵にできたフラワーアレンジメントの作品。写真に撮って残したいけれど、あれれ? 素敵に見えない?? そんなときはまずピント合わせに注目! どこに? どうやって?をご紹介します。

↑このページのトップヘ